知っておきたい!インプラントにかかる費用

インプラント治療には、どのくらいの費用が必要なのか?

インプラントは基本的に保険適応外

インプラントは保険適応外

インプラントは保険適応外で自由診療です。
費用は病院で異なりますので、費用を比べる必要があります。
一方、ブリッジや入れ歯は保険適応です。
なぜ、インプラントは保険適応外なのでしょうか。

保険は必要最低限の治療で適応されます。
歯科で保険適応になる治療は、歯周病や虫歯です。
歯は失うと食べ物を噛み辛くなり、食事が困難になります。
健康に影響が出るため、保険が適応になるのです。
ブリッジや入れ歯で最低限の治療ができるため、インプラントは保険が適用外なのです。

質を求める場合はインプラント治療が良いでしょう。
より使いやすさを追求したい場合や、見た目を良くしたい場合に治療されるかたが多いようです。
インプラントは高額な治療費のため、ローンなどの分割払いに対応している場合があります。
病院側に確認してみましょう。

保険適応になる例外もある

インプラントは患者に特別な理由がある場合に、保険適応になります。
どのような理由なのでしょうか。

顎の骨が一定以上無い場合に保険適応になります。
生まれつきや事故、病気などで上顎や下顎の骨が3分の1以上無い場合に適応されるのです。

すべての歯科で治療できるわけでは無く、病院側の設備が整っていることが条件です。
入院施設があり20床以上のベットがある病院で、ベテランの医師が2名以上いなくてはなりません。
医師の条件は、歯科や口腔外科の勤務経験が5年以上、または、インプラントの治療経験が3年以上です。

美容目的のインプラントは保険適応外です。
保険適応になるケースはごく稀ですので、ほとんどの場合は保険適応外と考えて良いでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る